• mail@clown-qavo.com

Category Archive稽古会情報

4月のクラウン的な稽古会

【重要】クラウン的な稽古会休止について

皆様におかれましては平素ご理解ご厚情を賜りありがとうございます。

3月に引き続きではございますが、 感染情況の悪化、爆発的感染の危機、そして、自分が感染しているものとして考えるという観点から、感染拡大防止と参加される皆様の感染予防として、今月のクラウン的な稽古会も休止といたします。

さらに、今後も皆様に安全&安心して参加していただくためにも、『クラウン的な稽古会Beginners』は9月まで休止することにしました。

再開は10月、Lesson1から始める予定ですので、どうかしばらくお待ちください。

危機的情況を踏まえての判断に何卒ご理解をくださいますようお願いするとともに、皆様のご健康を祈って止みません。

今後ともクラウン的な稽古会をどうぞよろしくお願いいたします。

クラウン的な稽古会の詳細はこちら↓↓

3月のクラウン的な稽古会

【重要】3月のクラウン的な稽古会休止のお知らせ

いつもひとかたならないご厚情を賜りありがとうございます。

皆様のご期待を裏切ることになってしまいたいへん心苦しいのですが、3月のクラウン的な稽古会は中止といたします。

予てから何度かお知らせしてきた通り、クラウン的な稽古会における新型ウィルス感染症対策は、あくまでも開催を尊重するというものです。その点につきましては、以前のお知らせをご覧になっていない方もいらっしゃると思いますので、重複しますがここに引用します。最後に中止に至ったいきさつもございます。

感染拡大を防止するという観点ならば、まず新型ウィルスがどのように感染するのかということなのですが、空気感染はしないということなので、仮に不特定多数の人が同じ部屋にいたとしても、ただ〝いた〟だけでは感染はしないということです。同じ空気を吸っても大丈夫ということになります。しかし実際にはただ〝いた〟だけでは済みません。新型コロナウィルスは飛沫感染するということなので、誰かがくしゃみをすると一時的にその空間にウィルスが存在することになります。くしゃみの射程距離は2〜3Mほど、空間に飛んでも時間が経てば地面に落下します。ということは、至近距離で直接浴びなければ感染率はかなり低いということになります。

一番多いのは接触感染です。新型コロナウィルスは金属のようなものに付着しても10時間以上という長時間生き続けるらしいので要注意です。ドアノブ、つり革、階段の手すり、エレベーターのボタンなどにウィルスが付着している可能性大です。どこでコロナウィルスに接触するかわかりません。というか、どこで接触してもおかしくありません。でも、よく考えてください。感染するのはドアノブからでも、つり革からでも、手すりやスイッチなどからでもありません、それが付着した〝自分の手から〟です!

もう一度書きます。感染、つまり自分の体内にウィルスが侵入するのは〝自分の手から〟です!

だから手洗いがとても重要になります。

とにかく何をするにしてもその前後に手洗いをすることでかなりの感染が防げます。

こまめに手を洗いましょう!

それでかなり感染を防げるのですが、それでもゼロではありません。

新型ウィルスに感染するとどうなるのか?

国立感染症研究所によるダイヤモンドプリンセス号の症例報告を参考にしてみます。↓↓

https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2484-idsc/9410-covid-dp-01.html

ダイヤモンドプリンセスには乗客と乗員合わせて3711名の人が乗っていました。検査の結果、陽性だった人531名のうち、276名に症状が出ていて、255名には症状が出ていなかったことが書かれています。陽性でも症状が出ない人がほぼ半数ということは、インフルエンザほど恐れなくてもいいような気がします。

とはいえ、実際には新型コロナによる死者も出ています。基礎疾患がある人や高齢者は命に関わるリスクが高いとも言われています。

厚生労働省の発表では3月5日までの日本国内の新型コロナウィルス感染者は349名、死亡者は9名です。

一方、厚生労働省によるインフルエンザの一番新しい2018年のデータでは、インフルエンザウィルスによる死亡者は3325名です。ただしこの数字には肺炎を併発した場合や持病の悪化などで心不全を起こしたケースなどは含まれていないので、実際にはもっと多いようです。2019年も9月までの時点ですでに3000人を超えています。

この時点ではまだ新型コロナウィルスは従来のインフルエンザと比べてもはるかに死亡率は低いですね。

インフルエンザも新型コロナウィルスも、検査で陽性だった場合は100%感染ですが、検査結果が陰性だったとしても感染していないとはいえません。検査項目に引っかからなかっただけでウィルスが検出された前例が多数あります。今回の新型コロナウィルスでも、検査で陰性結果が出た人がバスツアーに参加して感染を広めてしまったというニュースがありましたね。熱があったにもかかわらず検査結果が陰性だったのでコロナじゃないと思ってツアーに参加してしまったそうです。

これはあくまでもぼくの個人的な考え方ですが、検査結果がどうあれ、体調が悪いなら療養して回復に努めるべきです。例えばそれが新型コロナウィルスであろうとなかろうと、です。よくインフルエンザの場合でも「検査を受けたらインフルじゃなかったから大丈夫です」って言う人がいますが、陰性だったとしても100%インフルエンザじゃないとは言えないのです。症状が出ない人もいるわけですから、新型コロナに感染しているにもかかわらず検査結果が陰性で症状も出ないとなると、もう誰が感染しているのかわかりません。

それに、新型コロナウィルスの場合、たとえ検査で陽性だったとしてもまだ治療薬もないし治療法も確立されていないので、体調が悪かったらどちらにしても同じことです。インフルエンザも同じ、繰り返し書きますが、体調が悪かったら療養して回復に努めることです。

結論として、新型コロナウィルス感染症がインフルエンザと比べても恐れるほどのものではないこと、接触感染に注意を怠らなければかなり防げるということになります。

この時点では、皆さんが稽古会に参加するために充てた時間は稽古会で過ごしていただく、ということを尊重し、大規模イベントならいざ知らず、稽古会規模の催事であれば可能だという判断でした。

しかし、インフルエンザよりもかなり数字が少ない早いうちに徹底して被害を食い止めるとこには意味があると思います。

稽古会で会場を借りているあーすぷらざも三連休中の主催イベントの中止を決定しました。

さらに、5日ごろから感染が急拡大しています。

厚生労働省の最新の発表をご覧ください。↓↓

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09993.html

これは、個から個、または個から集団に感染していた時期から、クラスター(集団から集団)感染期に移行したことによるものです。

大規模な興行中止をしたのにもかかわらず感染が急拡大している状況を見て、中止をしても効果がなかったと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。中止をしていたからまだこの数で済んでいるのです。数々の興行中止をしていなければもっとはるかに感染者数は多くなっていると推測されます。最近のクラスター感染のうちのひとつはライブハウスからでした。なので数々のイベント等の中止は決して無意味ではないのです。

集団から集団へと感染が広がると、リボ払いの利息のようにバクハツ的に急増します。もしかしたら件のライブハウスでライブをしていなければあるていど抑えられていたかもしれません。感染拡大を防ぐためには協力し合って足並みを揃えることが賢明な手段なので、自分たちだけ中止にしないわけにはいかないということになってきます。

らさに、子供や若年層には感染しにくいと言われていた新型コロナウィルスですが、10歳の子供でも感染する事例が報道されました。

いつどこで誰から感染するかわからない、というより、いつどこで誰から感染してもおかしくない環境になり、もしかしたらぼくもあなたももう感染しているかもしれません。感染してても検査結果が陰性になる場合もあり、感染してても無症状の人が高確率で存在しているのですから、今自分が感染しててもまったく気付いてない可能性だってゼロではありません。

クラウン的な稽古会が小規模で、あるていど特定できる少人数で行われるとしても、そこで感染してしまったらそれまでです。さらに、稽古会には遠方から参加してくださる方も多いので、会場までの経路が長いほど道中の感染リスクも高まります。

稽古会に参加されるあなたに感染させたくない、と同時に、あなたを感染源にしたくない!

WHOの知見によれば、現時点で潜伏期間は1〜12.5日(多くは5〜6日)ということなので、3月15日までに全国の感染者数が減少に向かったとしても、集団感染期に入ったことで感染する可能性はまだまだ高いと思われます。

少しでも感染拡大を防ぐことに社会的に協力するということにもなるので、クラウン的な稽古会の3月中止を決めました。

万が一、参加者の皆さんが悲しい思いをすることになるのは避けたいのです。

うんざりコロナを「うんコロ」呼ばわりしてお待ちください。

新型コロナウィルスについてはこちらで知ることができるので、どうかデマに踊らされないようにしてくださいね。↓↓

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

とにかく今は参加される皆様の健康を願って止みません。

どうか3月クラウン的な稽古会中止というこの決定にご理解を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

そしてこれからもクラウン的な稽古会をどうぞよろしくお願いいたします。

=====

クラウン的な稽古会の詳細はこちら↓↓

2月のクラウン的な稽古会

『クラウン的な稽古会Beginners開催!

2月のクラウン的な稽古会は2月15日です。

■「5:言葉を使わないクラウン的な会話術」

私たちは通常、日頃のコミュニケーションは「言葉」を中心に行います。では、言葉を使わないで意思や気持ちのキャッチボールはできるのでしょうか?

言葉で伝えること、言葉を使わないで伝えること、言葉を使わないで言葉以上のものを伝えること、を考えてみます。「ちゃんと言わなきゃわからない」……だけど、言わなくても伝わる、伝えられることができるようになったら素敵ですよね。それが〝クラウン的〟ということなのです。

まだ言葉を覚えてない赤ちゃんがちゃんと意思を母親に伝えるような気持ちでやってみましょう!

あなたが相手に伝えたいことはなんですか?

相手があなたに伝えたいことはなんですか?

今回はジブリッシュという架空の言語を使っていろいろ試してみます。

詳細はこちら↓↓

=====

2月15日

■12:40~14:40(15分前から受付開始)

■会場:地球市民かながわプラザ・創作スタジオ

(神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1/JR京浜東北線(根岸線)本郷台駅より徒歩3分)

地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)↓↓

https://www.earthplaza.jp/ep/access/

■入会金無料・会費(各回1名)¥2,000

(初参加の方には『稽古会読本』をもれなくプレゼント!!)

■運動しやすい服装と靴、筆記用具をご用意下さい。

※参加ご希望の方はお申し込みフォームのメッセージに2月15日希望とご記入の上お申し込みください。

↓↓

選択してください(必須)

1月のクラウン的な稽古会

『クラウン的な稽古会Beginners開催!

1月のクラウン的な稽古会Beginnersは1月18日です。

■「4:コミュニケーションに役立つクラウン的な受信法」

相手の人間性や行動をより理解するにはどうしたらいいのでしょうか?

そして、自分の人間性や行動をより理解してもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

そのへんがわかるとより調和のとれたコミュニケーションができるはずですが、わかる方法なんてあるのでしょうか?

相手に何かを伝えるにはまず、相手から出ているものをいかにキャッチするかということが大切です。コミュニケーションはまず受け取ることから始めるのです。では、相手から何をどう受け取ったら良いのでしょうか?

アメリカの人間関係学の権威、カート・モーテンセン氏の話によると、人とのつながりを作る中でも、調和のあるつながりには二つの要素があって、ひとつは言葉以外の行動、そしてもうひとつは……それはコミュニケーションに役に立ち、安心感を醸し出すのに効果的なあることなのですが……

今回の『クラウン的な稽古会Beginners』ではそれをクラウンの古典的なあのギャグを使って練習します。

さらに詳しいことはこちら。↓↓

★先着10名様に稽古会的新春開運おみくじを差し上げます。↓↓

=====

1月18

■12:40~14:40(15分前から受付開始)

■会場:地球市民かながわプラザ・ワークショップルーム

(神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1/JR京浜東北線(根岸線)本郷台駅より徒歩3分)

地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)↓↓

https://www.earthplaza.jp/ep/access/

■入会金無料・会費(各回1名)¥2,000

(初参加の方には『稽古会読本』をもれなくプレゼント!!)

■運動しやすい服装と靴、筆記用具をご用意下さい。

※参加ご希望の方はお申し込みフォームのメッセージに1月18日希望とご記入の上お申し込みください。

↓↓

選択してください(必須)

12月のクラウン的な稽古会

『クラウン的な稽古会Beginners』開催!!

12月のクラウン的な稽古会Beginnersは12月21日です。

■「3:相手に伝わるクラウン的な表現術」

詩人の宮澤章二氏は「〝こころ〟は誰にも見えないけれど〝こころづかい〟は見える。〝思い〟は見えないけれど〝思いやり〟は誰にも見える」と仰ってました。またマイムの世界的第一人者であるステファン・ニジャコウフスキ氏は「マイムとは言葉を超えた沈黙」と仰ってました。

言葉で話す、その向こう側にあるものを表現できたら、普段のコミュニケーションだってずっと向上するはずです。相手に伝えたいことのイメージを明確化するための手がかりを、あえて言葉を封印してマイムを使って探ってみます。

さて、何が見えてくるでしょうか?

さらに詳しいことはこちらをご覧ください。↓↓

=====

12月21日

■12:40~14:40(15分前から受付開始)

■会場:栄区民文化センター リリス 会議室AB

(神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1/JR京浜東北線(根岸線)本郷台駅より徒歩3分)

栄区民文化センター リリス↓↓

http://www.lilis.jp/about/#access

■入会金無料・会費(各回1名)¥2,000

(初参加の方には『稽古会読本』をもれなくプレゼント!!)

■運動しやすい服装と靴、筆記用具をご用意下さい。

※参加ご希望の方は詳細ページからお申し込みフォームのメッセージに12月21日希望とご記入の上お申し込みください。

さらに詳しいことはこちら↓↓

選択してください(必須)

11月のクラウン的な稽古会

クラウン的な稽古会Beginners

■「2:怪我を少なくするクラウン的な方法」

高齢者の怪我の原因ワースト1は「転倒」です。

子供はまだ身が軽いし柔らかいので致命的なダメージはありませんが、大人が無防備に大転倒したらそのダメージは計り知れません!

膝を擦りむいても何針か縫う治療を受ける羽目になる場合もあります!

捻挫したり、骨にひびが入ったり、下手したら骨折する危険性もあります。

膝だけでなく、頭を打ったり腰を打ったりしてもかなりなダメージを受けてしまいます。

60代で怪我で万が一入院なんてことになったりして、1週間ベッドに寝たきりになってしまうと20%も筋力が低下してしまい、2週間なら36%、3週間なら68%も低下するのだそうです! それでは骨折や打撲は治っても、ベッドから起き上がれなくなりそのまま介護状態へ、なんてことにもなりかねません。

近年は住宅の段差を無くしたり、シニア向けのエクササイズやトレーニングが流行ったりしています。確かに転倒の機会は減るかもしれません。それでも、やはり一回でも転んでしまったら怪我をしてしまいます。

なので、万が一転んでしまったらどうするか、という点に注目してみました。

転ばない身体を手に入れる方法なんてあるのでしょうか?

今月の『クラウン的な稽古会Beginners』では、クラウンのあのテクニックを使って怪我のダメージを減らす方法を練習します。

詳細はこちら↓↓

=====

11月16日

■12:40~14:40(15分前から受付開始)

■会場:大倉山記念館・第10集会室

(横浜市港北区大倉山2-10-1/東急東横線「大倉山駅」より徒歩7分)

大倉山記念館↓↓

■入会金無料・会費(各回1名)¥2,000(消費税増税後も会費の変更はありません)

(初参加の方には『稽古会読本』をもれなくプレゼント!!)

■運動しやすい服装と靴、筆記用具をご用意下さい。

※参加ご希望の方は下のお申し込みフォームのメッセージに10月19日希望とご記入の上お申し込みください。

選択してください(必須)

10月のクラウン的な稽古会

『クラウン的な稽古会Beginners』

■「1:クラウン的な脱力力で動作が楽になる方法」

クラウンはいつでもどこでも自由に動きまわっているイメージがあると思いますが、あなたはどうですか? 身体は自由に動いていますか?(「ドッコイショ」とか「ああしんど」とか言ってませんか?)気持ちよく呼吸できていますか?(息切れでハァハァしてませんか?)意外にも知らなかった自分の身体を深く知ることで、ストレッチも筋トレもなしで楽に動けるようになります。力を入れるのではなく、力を〝出す〟クラウン的な脱力力をマスターして、あなたも楽に動ける身体を手に入れましょう。身体が楽になると心も楽になります。自分の身体や心の中からいろいろな発見をして、それぞれの日常的なライフスタイルのひとつとして導入できるような、実験的なワークを行います。

さらに詳しいことはこちら↓↓

=====

10月19日

■12:40~14:40(15分前から受付開始)

■会場:大倉山記念館・第4集会室

(横浜市港北区大倉山2-10-1/東急東横線「大倉山駅」より徒歩7分)

大倉山記念館↓↓

http://o-kurayama.com/access/

■入会金無料・会費(各回1名)¥2,000(消費税増税後も会費の変更はありません)

(初参加の方には『稽古会読本』をもれなくプレゼント!!)

■運動しやすい服装と靴、筆記用具をご用意下さい。

※参加ご希望の方は下のお申し込みフォームのメッセージに10月19日希望とご記入の上お申し込みください。

選択してください(必須)

9月のクラウン的な稽古会

『クラウン的な稽古会Beginners』

9月のクラウン的な稽古会Beginnersは9月21日です。

■「6:自分は何者かを知るクラウン的な方法」

あなたは自分が本当は何者だか知っていますか?

自分のことは自分が一番よく知っている、と思っていませんか?

自分が「自分」だと思っている「自分」は本当の自分なのでしょうか?
自分が思ってる「自分」と他人が思ってる「自分」、どちらが本当の自分なのでしょうか?
今回の『Beginners』では、周りの人とコミュニケーションをとりながら「自分発見」の疑似体験をしていただきます。
体験した参加者さんからは「自分が誰なのかわかった時にすごくすっきりした、うれしかった」という感想が大方でした。また、自分が何者かだけでなく「普段の生活や仕事では相手の人に対して、前情報や印象で自分の中にその人の人間像ができてしまうものだけれど、このエクササイズでは思い込みが全く持てないから、きちんと周りの人(共演者)に注意を払う必要があるので、それが日常的に活かせたらと思い、勉強になった」という感想もありました。今までの稽古会で養ってきたコミュニケーション力&表現力&脱力力を駆使して、本当の自分を探してみましょう。

さらに詳しいことはこちら。↓↓

=====
9月21日

■12:40~14:40(15分前から受付開始)

■会場:大倉山記念館・第4集会室

(横浜市港北区大倉山2-10-1/J東急東横線「大倉山駅」より徒歩7分)

大倉山記念館↓↓

■入会金無料・会費(各回1名)¥2,000

(初参加の方には『稽古会読本』をもれなくプレゼント!!)

■運動しやすい服装と靴、筆記用具をご用意下さい。

※参加ご希望の方はお申し込みフォームのメッセージに9月21日希望とご記入の上お申し込みください。

↓↓

選択してください(必須)


8月のクラウン的な稽古会

『クラウン的な稽古会Beginners』

8月のクラウン的な稽古会Beginnersは8月17日です。

■「5:言葉を使わないクラウン的な会話術」

私たちは通常、日頃のコミュニケーションは「言葉」を中心に行います。では、言葉を使わないで意思や気持ちのキャッチボールはできるのでしょうか?

言葉で伝えること、言葉を使わないで伝えること、言葉を使わないで言葉以上のものを伝えること、を考えてみます。「ちゃんと言わなきゃわからない」……だけど、言わなくても伝わる、伝えられることができるようになったら素敵ですよね。それが〝クラウン的〟ということなのです。

まだ言葉を覚えてない赤ちゃんがちゃんと意思を母親に伝えるような気持ちでやってみましょう!

あなたが相手に伝えたいことはなんですか?

相手があなたに伝えたいことはなんですか?

今回はジブリッシュという架空の言語を使っていろいろ試してみます。

さらに詳しいことはこちら。↓↓

=====

8月17

■12:40~14:40(15分前から受付開始)

■会場:大倉山記念館・第6集会室

(横浜市港北区大倉山2-10-1/J東急東横線「大倉山駅」より徒歩7分)

大倉山記念館↓↓

■入会金無料・会費(各回1名)¥2,000

(初参加の方には『稽古会読本』をもれなくプレゼント!!)

■運動しやすい服装と靴、筆記用具をご用意下さい。

※参加ご希望の方はお申し込みフォームのメッセージに8月17日希望とご記入の上お申し込みください。

↓↓

選択してください(必須)

7月のクラウン的な稽古会

『クラウン的な稽古会Beginners』

7月のクラウン的な稽古会Beginnersは7月20日です。

■「4:コミュニケーションに役立つクラウン的な受信法」

相手の人間性や行動をより理解するにはどうしたらいいのでしょうか?

そして、自分の人間性や行動をより理解してもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

そのへんがわかるとより調和のとれたコミュニケーションができるはずですが、わかる方法なんてあるのでしょうか?

相手に何かを伝えるにはまず、相手から出ているものをいかにキャッチするかということが大切です。コミュニケーションはまず受け取ることから始めるのです。では、相手から何をどう受け取ったら良いのでしょうか?

アメリカの人間関係学の権威、カート・モーテンセン氏の話によると、人とのつながりを作る中でも、調和のあるつながりには二つの要素があって、ひとつは言葉以外の行動、そしてもうひとつは……それはコミュニケーションに役に立ち、安心感を醸し出すのに効果的なあることなのですが……

今回の『クラウン的な稽古会Beginners』ではそれをクラウンの古典的なあのギャグを使って練習します。

さらに詳しいことはこちら。↓↓

=====

7月20

■12:40~14:40(15分前から受付開始)

■会場:磯子公会堂・会議室1

(横浜市磯子区磯子3-5-1/JR根岸線「磯子駅」徒歩5分・磯子区総合庁舎内)

磯子公会堂↓↓

http://www.isogo-ph.com/access/index.html

■入会金無料・会費(各回1名)¥2,000

(初参加の方には『稽古会読本』をもれなくプレゼント!!)

■運動しやすい服装と靴、筆記用具をご用意下さい。

★今月ご参加の方、当日先着10名様限定でCLOWNまこっちゃん特製サマーカードをプレゼント!!

※参加ご希望の方はお申し込みフォームのメッセージに7月20日希望とご記入の上お申し込みください。

↓↓

選択してください(必須)