• mail@clown-qavo.com

スーリー

主に入院中のこどもたちのために病室を巡回してパフォーマンスを行うことを中心として活動してきました。元気でなんでもテキパキ行動しますが、いつも何かがたりない感じで、間抜けな展開になってしまいますが、とても憎めないキャラクターです。

福祉施設職員から映像製作、アプリ開発などを経て現在はコミュニケーション・ロボット開発の中心人物。97年よりボランティアとしてクラウンの活動を始め、その後、講習等を受け、09年よりクラウンによる病院訪問の活動を開始。入院中の子どもたちのために病室を巡回してパフォーマンスする活動のかたわら、まこっちゃんによる初期のクラウン稽古会に参加。古典的&典型的クラウンギャグを中心としたショーを行う“QAVO”のメンバーとして本格的なプロデビューを飾る。